日本同盟基督教団 北赤羽キリスト教会 公式HP

日本同盟基督教団 北赤羽キリスト教会は、北赤羽・浮間にあるキリスト教(プロテスタント)の教会です。どなたでもご自由にお越し下さい。

今週の説教

「輝く星に導かれて」マタイ2章1~12節    説教:河野優牧師

2016/01/17

1.救い主誕生を知らせた星
遠い東の国の天文学者たちは、ユダヤ人の王が生まれたことを知らせる星を見て、それを拝むためにはるばる旅をしてきました。遠い外国の王子が生まれたからと言って、何の関係もないような人々がわざわざ長旅をして拝みに行くのでしょうか。彼らはこの王が単にユダヤだけではなく、自分たちにも、いや世界中に影響を及ぼす偉大なお方であると考えたのでしょう。詳細は分かりませんがしかし、星が彼らを立ち上がらせ、救い主の下へと導いてきたことは確かなことです。

2.星の導きに身を委ねない人々
博士たちは無事にユダヤの地に着き、救い主はどこにおられるのかを尋ねます。ヘロデ王は恐れ惑いながらも救い主を抹殺しようと密かに激しい敵意を燃やし、学者たちは聖書の預言を正しく指示しながらも、それ以上何もしようとはしません。一般の人々も同様です。彼らは救い主到来の約束を待ち望んでいたはずでしたが、星の導きに身を委ねない人々でした。これは福音を聞いた時の態度として、今の私たちも自分自身をよく吟味する必要があることを教えられます。初めから全否定をし、調べようともよく聞こうともせずに退けたり、あるいは知っていても人目を気にし恐れて従わなかったり。いかがでしょうか。

3.輝く星に導かれて
かくして博士たちはユダヤ人たちの現実を目の当たりにしつつも、その目は心は変わらずまっすぐに救い主の下へと注がれ続けます。そこに、改めて輝く星が現れ、彼らを先導し、救い主の下に確かに導いたのでした。輝く星、福音の光は私たちの前に立って先導し、私たちの足元を、行く道筋を照らし出してくれます(詩篇119:105)。私たちは博士らのように、福音の光の導きにすべてを委ねて、信じてその道を進んでいくのです。その先にはこの上ない喜びがあり、賛美に溢れた霊的な礼拝があります。
これぞクリスマスの祝福、ふさわしく麗しい祝い方です。

-今週の説教